本読んで寝る読んだ本のあらすじと感想をつづっています。面白い本を探す手がかりになれば、うれしいです。日曜・木曜 更新。 

この記事に含まれるタグ :
伊坂幸太郎  

スポンサーサイト

  > --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







スポンサーリンク

(記事編集) http://hyna.blog92.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

「残り全部バケーション」伊坂幸太郎

  > 2013/04/07 (日)  カテゴリー: 日本文学

≪あらすじ≫(内容紹介より)

裏稼業コンビ「溝口」と「岡田」の物語

--目次--

第一章 残り全部バケーション
両親が離婚し、一家離散となる三人家族が、ひょんなことから
「岡田」と名乗る若い男性とドライブに行くことに。

第二章 タキオン作戦
路上で見かけた小学生の身体に虐待の痕跡を見つけた「岡田」。
突拍子もない策で、少年の父親に接近しようとするが……。

第三章 検問
「溝口」と相棒に呼ばれる男に、車に閉じ込められた女性。
前方に迫る「検問」をこの車は通り抜けることが出来るのか。

第四章 小さな兵隊
クラスメイトの「岡田君」は、問題児なのか?
普段は目立たない彼が重ねる、意味不明のいたずらに「僕」は
興味を持つ。

第五章 飛べても8分
交通事故に遭い入院した「溝口」。同室の患者や看護士たちと
穏やかに過ごしていたが、同じ病院には意外な人物がいて……。

人生、まだ、続いていくから。
(帯より)


≪感想≫

当たり屋、脅迫などの依頼をボス的存在の毒島から受け、
それを生業とする溝口と岡田コンビの連作集。
終始、楽しく読めました。

どこか抜けていて調子の良い先輩の溝口と、
何考えているか分からない後輩の岡田。
裏社会を生きる悪人のはずなんですが、意外とやさしかったりして
2人とも憎めないキャラクターです。

第三章にで出てくるこの人物はあの人のことじゃないか?とか
この出来事は第三章のことじゃないか?など
短編ごとに付箋がちりばめられているので、お見逃しなく。

いちばん好きなのが第五章の『飛べても8分』。
溝口があんなにも岡田に想いいれがあったなんてという驚きと、
ドキドキハラハラの緊張感のある話でした。

◆Cover Image/"The Mail Boat"(Detail),
        2007 by ⒸWalter Martin & Paloma Muńoz
 Book Design/Nobuko Okubo
 Illustration/Jin Kitamura

◆初出
第一章 残り全部バケーション━━『Re-born はじまりの一歩』収録
(2008年単行本・2010年文庫/実業之日本社)
第二章 タキオン作戦━━「紡」Vol.1(2010年/実業之日本社)
第三章 検問━━「小説新潮」2008年7月号
第四章 小さな兵隊━━「小説すばる」2012年11月号
第五章 飛べても8分━━書き下ろし

単行本化にあたり、加筆・修正あり


◆「本読んで寝る」で紹介した伊坂幸太郎/書籍
「終末のフール」
「残り全部バケーション」


≪気分別の分類≫楽しい本、ドキドキ・ハラハラする本






スポンサーリンク

この記事に含まれるタグ : 伊坂幸太郎 

FC2スレッドテーマ : 読んだ本の紹介 (ジャンル : 本・雑誌

(記事編集) http://hyna.blog92.fc2.com/blog-entry-349.html

2013/04/07 | Comment (8) | Trackback (1) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


ラストが良かったですよね(^^)
溝口が案外しっかりしていたな~と。
最初のあの家族の話をもっと読みたかったところもありますが、ターミネーターもどきのがとてもおかしかったです(^^)

igaiga |  2013/04/08 (月) 09:23 No.620


Re: タイトルなし

igaigaさん、こんにちは。

ターミネーターの作戦は笑っちゃいました。
おばかな作戦ですが、平和的解決で良かったですね^^
そして、ラストがなんと言っても良かったです。
読んだあとは、しばらくテンション上がってました。
あのメールは絶対に…、ですよね。
完全に溝口の力をあなどっていたのは
言うまでもありません^^;

ひなぼこ |  2013/04/08 (月) 19:55 [ 編集 ] No.621


テンション

こんにちは(^o^)
テンションが上がるラストいいですね!伊坂作品もあまり読んだことがないのですが、人気作家ですよね。
また、少しずつ読書の幅を拡げていきたいなと思っています!

キンちゃん |  2013/04/09 (火) 04:20 No.622


ずっと気になっていた本ですが、やっぱり読みたくなって、アマゾンで注文しました。
久々の伊坂さんです。たのしみ^^

lime |  2013/04/09 (火) 07:39 [ 編集 ] No.623


Re: テンション

キンちゃんさん、こんにちは。

楽しく読めて良かったですよ^^
登場人物が魅力的だと物語に入り込めますね。
岡田も好きなんですが、溝口というおじさんがいいキャラしてます。
決していい仕事はしてないんですが^^;

ひなぼこ |  2013/04/09 (火) 23:07 [ 編集 ] No.624


Re: タイトルなし

limeさん、こんにちは。

記事にも書いたんですが、終始楽しく読めました^^
limeさんの好みに合うといいなあ。
実は私も「終末のフール」以来の、久々の伊坂作品でした。
そして今、「ガソリン生活」が気になってます^^

ひなぼこ |  2013/04/09 (火) 23:25 [ 編集 ] No.625


ようやく復帰致しましたので
これからもどうかよろちくぅうううう~~~~~

松井大門 |  2013/04/11 (木) 01:40 No.626


Re: タイトルなし

松井大門さん、こんにちは。

おかえりなさい、お待ちしてましたよ~^^
展覧会の開催もおめでとうございます。
こちらこそ、これからもよろしくお願いします!

ひなぼこ |  2013/04/11 (木) 22:31 [ 編集 ] No.627

コメントを投稿する 記事: 「残り全部バケーション」伊坂幸太郎

お気軽にコメントをどうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback


この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー限定)

「残り全部バケーション」伊坂幸太郎

人生、まだ、続いていくから。裏稼業コンビ「溝口」と「岡田」をめぐる全五章。 人生のの物語 夫の浮気が原因で離婚する夫婦と、その一人娘。ひょんなことから、「家族解散前の思い出」として〈岡田〉と名乗る男とドライブすることに──(第一章「残り全部バケーション」)他、五章構成の連作集。 別々の話が読み進めていくと繋がっていく伊坂幸太郎さんお得意の連作短編形式です。 特に今回は読みやすい感じ。...

粋な提案 2014/04/11
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。