本読んで寝る読んだ本のあらすじと感想をつづっています。面白い本を探す手がかりになれば、うれしいです。日曜・木曜 更新。 

このページの記事目次 (カテゴリー: 伝承・神話

スポンサーサイト

  > --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://hyna.blog92.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

「もう一度学びたいギリシア神話」松村一男

  > 2010/09/19 (日)  カテゴリー: 伝承・神話
もう一度学びたいギリシア神話もう一度学びたいギリシア神話
(2007/10)
松村 一男

商品詳細を見る

≪内容≫

はじめに
第1章 ギリシア神話とは
第2章 世界の始まりと神々
第3章 オリュンポスの神々
第4章 英雄たちと神の物語
第5章 王家の悲劇
第6章 トロイア戦争とその後
第7章 愛と星の物語
付録
神々と英雄の名前
ギリシア・ローマ神話の出典となった主な作品

アポロンは、王の耳を
灰色の粗毛で覆われたロバの耳に
変えてしまいました。
(本文中より)


≪感想≫

「ギリシア神話(図解雑学)」と同じく
イラストや表などが充実して
分かりやすかったです。

ギリシャ神話には、どんな話があるのか
かいつまんで知りたい場合に役立つと思います。

"ギリシア神話を楽しむための書籍・映画・絵画"
と題し、いろいろ作品が紹介されていて
読みたくなった本も、いくつか ありました。

身近で見聞きしていたものが、実は
ギリシャ神話の物語の1つだったりすると
親近感が わきます。

子供のころから知っていた
「王様の耳はロバの耳」。

星座のオリオン座。そのオリオンと、
月の女神アルテミスの恋の話。

髪の毛が蛇で、目が合うと
石になってしまうというメドゥサ。
かつて、髪の美しさが際立つ美女だったのだとか。

登場人物の名前が難しくて、
スッと入ってこない場合があるのが難点ですが、
ギリシャ神話、知れば知るほど面白いです。


≪関連記事≫
「ギリシア神話を知っていますか」
「ギリシア神話(図解雑学)」
「古代ギリシアがんちく図鑑」


≪気分別の分類≫知る本
スポンサーサイト

この記事に含まれるタグ : 松村一男 

FC2スレッドテーマ : 読書感想 (ジャンル : 本・雑誌

(記事編集) http://hyna.blog92.fc2.com/blog-entry-61.html

2010/09/19 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

「ギリシア神話(図解雑学)」豊田和二 

  > 2010/09/05 (日)  カテゴリー: 伝承・神話
ギリシア神話 (図解雑学)ギリシア神話 (図解雑学)
(2002/07)
豊田 和二

商品詳細を見る

≪内容≫

遺跡・彫刻・壁画などのカラー写真15枚
第1章 ギリシア神話へのいざない
第2章 世界の始まりと神々の戦い
第3章 プロメテウスと人間の誕生
第4章 大神ゼウスと海神ポセイドン、冥界の王ハデス
第5章 愛と美の女神アプロディテと夫、愛人たち
第6章 若き神々の物語
第7章 ペルセウスのゴルゴン退治
第8章 ヘラクレスの冒険
第9章 アルゴー遠征隊の物語~イアンソンとメデイア~
第10章 テセウスの冒険
第11章 オイディプス王の物語~デバイの悲劇~
第12章 呪われたアトレウス王家
第13章 トロイア戦争
第14章 オデュッセウスの航海
第15章 不思議な愛の物語
巻末資料
ギリシアの地名対照表/
神々と英雄たちの名前対照表/
ギリシア略年表/神々と英雄たちの系譜

世界の始まりには
まず巨大な空隙(カオス)があって、
そこから天地が生まれ、
そのあとに神々が生まれた

(本文中より)


≪感想≫

「ギリシア神話を知っていますか」に載っている以外に
どんな話があるのか知りたくて、読んでみました。

イラストや表などが たくさんあって
分かりやすかったです。

なんだか複雑な人間関係ならぬ、神様関係なので
系図が役に立ちました。

ギリシャ神話に出てくる神様は
嫉妬、浮気、失恋、失敗もするので
関係性を無視して、エピソードだけを
読んで楽しむというのもありですね。

「怖い絵」に出てきた、
ゴヤの『我が子を喰らうサトゥルヌス』。

サトゥルヌスはローマ神話名。
ギリシア神話名ではクロノスだそうで、
そのクロノスの話が出てました。

これか。ゴヤが題材にしたのは
と思うと、思わず1人で
ニヤリ。


≪関連記事≫
「ギリシア神話を知っていますか」
「もう一度学びたいギリシア神話」
「古代ギリシアがんちく図鑑」


≪気分別の分類≫知る本

この記事に含まれるタグ : 豊田和二 

FC2スレッドテーマ : 本読みの記録 (ジャンル : 本・雑誌

(記事編集) http://hyna.blog92.fc2.com/blog-entry-54.html

2010/09/05 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

「昔から語りつがれる日本の怪談話」夢プロジェクト

  > 2010/08/23 (月)  カテゴリー: 伝承・神話
昔から語りつがれる日本の怪談話 (KAWADE夢文庫)昔から語りつがれる日本の怪談話 (KAWADE夢文庫)
(2009/08/10)
夢プロジェクト

商品詳細を見る

≪内容≫

一 怨念の章
四谷怪談/吉備津の釜/番町更屋敷/
非分にころされて、怨をなしける事/妬み深き女、死して男を取り殺す事/
豊後の国何がしの女房、死骸を漆にて塗りたる事/累ヶ淵/
後妻うちの事/生霊/舟幽霊/

二 亡魂の章
耳なし芳一/牡丹灯籠/中有の魂形化して契る/祈にて幽霊に契る/
甲府の亡霊/本能寺七兵衛が妻の幽霊の事/

三 悲泣の章
菊花の約/真紅の撃帯/死骨の笑顔/浅茅が宿/幽霊夫に逢いて語る/
遊女宮木野/

四 妖異の章
轆轤首/雪女/狢/食人鬼/人鬼/廃れし寺をとりたてし僧の事/
人喰老婆/蜘蛛塚/一条戻り橋のばけ物の由来の事/狐の妖怪/

五 怪奇の章
死神/継母、娘を殺す並びに柱に虫喰ひ歌の事/髑髏言/
古堂の天井に女を磔にかけをく事/人玉の事/人面瘡/

「出たんだよ、女が、お堀端で。その女が見せたものは……、
ああ……、どうせおまえさんにいってもわからない」
(「狢」本文中より)


≪感想≫

先日、深夜にNHKで放送された
「日本怪談百物語 その弐」を見ました。
10人の俳優が、昔からある日本の怪談を
100話 朗読するという内容。

昔話と思って見ていたせいか、
あまり怖さは感じませんでしたが
日本の怪談が読んでみたくなりました。

夏目漱石、川端康成などが書いた怪談めいた話も
紹介されてました。
「夢十夜」「片腕」だったと思います。

知らなかった。
面白そうな話じゃないですか。

それは、おいおい読むとして、
今回、読んだ本の感想を。

一度は読んだり聞いたりしたことがあるような
「耳なし芳一」「雪女」「のっぺらぼう(狢)」などの話から、
初めて聞いた話まで。
番組で語っていた話も、いくつか載ってました。

ずいぶん昔から怪談って存在してたんですね。
「古事記」や「日本書紀」にも
怪談の原型といえる話があったとか。

1話が、そんなに長くなかったので、読みやすかったです。
話の最後に、作品の ちょっとした解説があるのも
うれしいです。

≪気分別の分類≫ゾッとする本

この記事に含まれるタグ : 夢プロジェクト 

FC2スレッドテーマ : 本の紹介 (ジャンル : 本・雑誌

(記事編集) http://hyna.blog92.fc2.com/blog-entry-46.html

2010/08/23 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

「ギリシア神話を知っていますか」阿刀田高

  > 2010/08/11 (水)  カテゴリー: 伝承・神話
ギリシア神話を知っていますか (新潮文庫)ギリシア神話を知っていますか (新潮文庫)
(1984/02)
阿刀田 高

商品詳細を見る

≪内容≫

目次
トロイアのカッサンドラ
嘆きのアンドロマケ
貞淑なアルクメネ
恋はエロスの戯れ
オイディプスの血
闇のエウリュディケ
アリアドネの糸
パンドラの壺
狂恋のメディア
幽愁のペネロペイア
星空とアンドロメダ
古代へのぬくもり

ゼウスの妻ヘラ、知恵の女神アテネ、
そして愛の女神アフロディテ。
三人の中でだれが一番美しいか、
その審判をパリスに下してもらおう

(「トロイアのカッサンドラ」本文より)


≪感想≫

「ギリシャ神話」と聞いて思い浮かぶのは
ヘラクレス、キューピット、ビーナス…
くらいの初心者の私が読みました。

無数の神話を、一大神話大系に
古代ギリシャ人がまとめたのが
「ギリシャ神話」みたいです。

なので、この本に載っているのは
一部を抜粋したもの。

私には丁度いい量でした。

ブラッド・ピットや
オーランド・ブルーム出演で、
2004年に公開した映画「トロイ」も、
「ギリシャ神話」の1つの物語が
原作だったんですね。
トロイ ディレクターズ・カット [Blu-ray]

気づいていませんでしたが
何やら周りには「ギリシャ神話」が
語源となる言葉や、原作となる物語や
題材とする美術品などが、
結構あるようです。

ほかには どんな話が??
ハマリそうです。


◆関連記事
「ギリシア神話(図解雑学)」
「もう一度学びたいギリシア神話」
「古代ギリシアがんちく図鑑」

◆「本読んで寝る」で紹介した阿刀田高/書籍
「ギリシャ神話を知っていますか」
「やさしいダンテ<神曲>」
「地下水路の夜」


≪気分別の分類≫知る本

この記事に含まれるタグ : 阿刀田高 

FC2スレッドテーマ : 読書メモ (ジャンル : 本・雑誌

(記事編集) http://hyna.blog92.fc2.com/blog-entry-35.html

2010/08/11 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。