本読んで寝る読んだ本のあらすじと感想をつづっています。面白い本を探す手がかりになれば、うれしいです。日曜・木曜 更新。 

このページの記事目次 (タグ: サラ・シムッカ の検索結果)

スポンサーサイト

  > --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://hyna.blog92.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

「ルミッキ 1 血のように赤く」サラ・シムッカ

  > 2016/03/13 (日)  カテゴリー: ミステリー・サスペンス

≪あらすじ≫

しなやかな肉体と明晰な頭脳を持つ少女、ルミッキ。
他人には関わらない主義の彼女は、高校でも異色の存在だ。
だが、暗室で血の染みのついた札束を目撃した瞬間から、クラスメートもろとも
犯罪事件に巻き込まれる。
(「BOOK」データベース)


≪感想≫

「ルミッキ」は北欧ミステリーで三部作です。
副題の"血のように赤く" "雪のように白く" "黒檀のように黒く"は、
白雪姫を思わせます。
童話をモチーフにした小説ってなんだか惹かれちゃうんですよね。
北欧ミステリーっていうのも、どういうものか読んでみたくて手に取りました。

ルミッキは高校生の女の子。
何をやらせても優秀だけど他人と群れることはしない子で、
服装も一人暮らしの部屋もシンプルでそっけない。
ルミッキとはフィンランド語で"白雪姫"という意味らしい。
両親も思い切った名前をつけたもんだ。

グロテスクな表現はなく読みやすかったです。
著者のサラ・シムッカさんは、おもにヤングアダルト向けの作品を執筆している
ということなので、それで読みやすかったのかも。
1巻でちゃんと完結してましたので、2巻はまた別のエピソードっぽいです。
まだ、謎の部分があったのでそういうのは
2、3巻で明かされていくんでしょうね。
ルミッキはクールな性格で、他人に興味がないのかなと思いきや
助けを求められると手を差し伸べるという実は優しい子でした。

◆Jacket images © Serg Zastavkin/shutterstock.com

◆「ルミッキ」全3巻
「ルミッキ 1 血のように赤く」
「ルミッキ 2 雪のように白く」
「ルミッキ 3 黒檀のように黒く」

ルミッキ1 血のように赤く ルミッキ2 雪のように白く ルミッキ3 黒檀のように黒く


≪気分別の分類≫ハラハラドキドキする本
スポンサーサイト

この記事に含まれるタグ : サラ・シムッカ 

FC2スレッドテーマ : 読んだ本の紹介 (ジャンル : 本・雑誌

(記事編集) http://hyna.blog92.fc2.com/blog-entry-455.html

2016/03/13 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。